高反発マットレスの水洗い

メーカーによって、ウレタンの種類によって洗えます

最近は、高密度ウレタンでも洗えるものが出てきていますし、専門業者で洗ってくれるところもある様です。
サイズに制限があったり、送料負担であったり、時間もかかるのですが、どうしても洗いたいという時は、業者に頼むのも良いでしょう。

 

また、立体構造のウレタンの場合は、逆に洗える事を謳っている業者もいます。
この場合は外側のカバーを外し、ウレタンを風呂場などのシャワーで洗うのです。
その後、風通しの良い日陰で風干しをします。
通常、販売時に防カビ、防ダニ加工をしていますし、カバーは防ダニ繊維が使われていますので、洗うのは、敏感体質な方でない限り、通常のお手入れだけで充分、清潔に使えるのです。

 

通常のお手入れってどんなやり方でしょうか

日頃からシーツを換える様にします。

どうしても汗や脂が染み込みやすく、せっかくウレタンの通気性が良くても、汚れたシーツは、湿気を留まらせます。

また、できればベッドパッド以外のものは、全て外して片付けてしまうのも、長持ちと衛生面、共に最適ではあります。
しかし忙しい毎日、そこまでの時間が、朝に取れないという方も多いですので、掛け布団だけは上に掛けっ放しになさらない方が良いでしょう。

 

また、週に一度は立て掛けて床面も乾かすなどを行えば、さらに長持ちします。
お部屋の掃除のついでに気分一新、という感じです。

 

ただ、あまり忙しい方は、そこまで気になさらずに、お休みの日に、全体を乾かす気持ちでも充分です。

元々、高反発マットレスの防カビ、防ダニ効果はあるものなので、毎日がとても忙しい方は、除湿シートを床面に置く程度でも、かなり違います。
除湿シートは、シリカゲルを主体としたもので、色の変化で湿気が判ります。
色が変わったら、干して、また使えますので、お得なものです。メーカーにありますので、マットレスの購入と共に、買う様になさると良いでしょう。