高反発マットレスとうつ伏せや横向きに寝る人

うつ伏せ寝の人には高反発マットレスは合わないのでしょうか

うつ伏せ寝の人には胸に体重がかかって苦しくなるとか、腰に負担がかかるという理由で低反発マットレスをオススメする意見と、通気性が良いので、枕と自分の呼気の間の空気を吸う、うつ伏せ寝には、ダニや埃が出にくい高反発の方が良いという意見があります。

うつ伏せ寝の人は最終的に横向きになる人が多いという意見もあることから横向きになる方には、厚みのある高反発マットレスは背中に良いので、高反発マットレスも向いています。

うつ伏せ寝で、朝まで動かないでそのままという方は、高反発マットレスは少し硬いかも知れません。お腹に圧迫感がない、腰骨に負担がない硬さを選ぶ事が良いのです。
朝までうつ伏せ寝でいる事は体にあまり良くないのですが、1番は安眠です。
高反発マットレスだとうつ伏せた時に手や腕が適度に沈んで痺れにくいという報告もあります。

 

・横向きに寝る人に高反発マットレスは向かないのでしょうか?
薄い高反発マットレスは、肩の高さの分、背骨が浮いて横に曲がってしまうので、背骨の歪みに繋がりますが、厚みがある体に合ったタイプの高反発マットレスなら、横になった時も優しく背骨も体も支えます。
横向き専用に作られたマットレスは体を囲うようになっているので、寝返りがうてません。肩も沈まない様になっています。

しかし高反発マットレスなら、肩も自然に沈み、体は宙に浮いた様に、自然な形で横になり、寝ている間に寝返りをうちやすいので寝入りは横向きでも、寝ている間に仰向けになる時間が出来るので、体は少しずつ違いを感じていく事でしょう。

 

どうしても横向きで、朝まで寝返りをうたないという人も、寝返りをうつことで体が楽になる事を知ることでしょう。また、体圧分散により、一か所に圧力がかかる事を防ぐので、体に負担がかかりにくくなるのです。
体が不自然に沈み込むことが良くありませんから、体験出来るなら、1度、お試しになるのも良いかも知れません。