高反発マットレスの痛い時の改善

やせ型で低体重の骨ばった体型の人にオススメの方法とは

せっかく買ったのに合わない時、どうしたら良いのでしょうか。安く改善する方法はあるのでしょうか
まずこの体型の方は、体験の出来るお店で、横になって試して頂きたいのですが、それでも長い時間に寝ている状態だと、痛みを感じる部分が出てくる事もあります。

 

本当に良い睡眠を望むのであれば、ベッドパッドを使うことが良いでしょう。各メーカーが数種類出しています。
ライフスタイルや体型に合わせて、選べる様に開発は進んでいるのです。

本来は、そのまま使えるものなのですが、筋肉のつきがなく、骨ばった体の方は、どうしても沈むべき部分が沈まず、クッションとなるべき脂肪がないせいで、骨や皮膚に痛みを感じてしまうので、少しだけ体を守る様にすると良いでしょう。

 

腰の骨の当たる部分だけタオルを敷く、というのもありましたが、高反発マットレスのせっかくの体圧分散の効果が全くなくなってしまう可能性もあります。
5年以上使えるものなので、月々に換算すれば高い買い物でもありません。
体の痛みに悩むのであれば、1日の3分の1を過ごすために、なるべく良いものを選ぶ様にしたいものです。

 

その他の方法はあるのでしょうか

大抵のお店では、2〜3ヶ月のお試し期間を用意しています。なので、まずは二週間ほど、普通の使い方で試してみて下さい。
特に体が細身であるとかでない場合、長年の姿勢から来る癖が、体圧分散によって正しい位置に動いていて、少し、痛みがあるかも知れないからです。そのせいで数週間、痛む事もあるようです。

 

それでもどうしても痛む場合は、1年程しかもたないですが、薄い低反発マットレスを、体につくべき脂肪の分と考えて敷くのも良いでしょう。3cm位のものからありますので、ホームセンターなどの安売りの品で十分です。
こまめに取り替える消耗品として考えてください。
低反発マットレスは通気性が悪いので、高反発マットレスと併せて使う場合は、換気に注意しましょう。